トップエアライン/旅客機/空港航空一般/読み物/その他

Newクローズアップ!航空管制官〜航空安全の守護神、その実像に迫る!〜(きらきらキャリア BOOKS)
 新刊 
クローズアップ!航空管制官〜航空安全の守護神、その実像に迫る!〜(きらきらキャリア BOOKS)
ISBNコード:978-4-8022-0624-2
刊行種別:書籍
発売日:2018年12月15日
サイズ:A5判
ページ数:210
定価:1728円(税込)
在庫状況: 

○えっと驚き、なるほどと納得の管制知識が満載。
○伝説のブロガー、元管制官が活写する仕事と生活の真実。
○志望者、航空無線ファン、航空関係者必読!

★女性管制官、半数に迫る!
★管制官に必要な英語力についての誤解
★管制官がヒューマンエラーの責任を問われるとき
★誘導路で発生する悪夢のヘッドオン
★外が見えない! さあどうする


村山 哲也/著 



 
     
   

CONTENTS

◎はじめに

 

【PART 1】
仕事の知恵
・こんなにたくさんある管制官の仕事
・アルファベットと数字の落とし穴
・上手な通信移管は両耳の役割分担から
・転がる、曲げる、叩く、絞る。
・外が見えない! さあどうする
・優秀な管制官はレディオ・マネジメントの達人
・条件付き着陸許可で管制官のストレス軽減!?
・稀な交信が運んできてくれた大きな喜び
・意志伝達の最終手段、ライトガン
・交信相手にはポーカーボイスで冷静に
・雲の中から現れた旅客機は、予測を覆す位置に
・緊急機発生! 緊迫するタワーの対応は
・一本の滑走路を使い倒す術とは

【PART 2】
知識の泉


・管制間隔の設定が管制官の最優先業務
・これが交信英語必須30ワードだ
・航空路を見守る管制部は、一転して静けさが支配
・管制塔は空港で一番高い職場です
・飛行機が飛ぶ。さて主導権は誰の手に
・管制官がヒューマンエラーの責任を問われる時
・有視界飛行か計器飛行かで提供業務は違う
・レディオ/リモート空港って何だろう
・誘導路で発生する悪夢のヘッドオン

☆管制官を泣かせる飛行計画ベスト3

(その1)生中継が多いと管制官は忙しくなる
☆管制官を泣かせる飛行計画ベスト3

(その2)縦横無尽の飛行検査機
☆管制官を泣かせる飛行計画ベスト3

(その3)スペシャルVFRの許可

・世界の管制官の職場事情は
・譲り合ってもっと詰めて、がこれからの航空管制!?

【PART 3】
勤務と生活


・24時間シフトのワークライフ・バランス
・「空コマ」「マイク時間」って何のこと?
・逆の立場を学ぶ、搭乗訓練とは

職場結婚も多い、管制官の婚活事情
・管制官のふところ具合をのぞき見る
・教えるのも教わるのも「にんげんだもの」

【PART 4】
めざせ! 航空管制官
・女性管制官躍進、合格者半数に迫る!
・基礎研修、そして現場で実地訓練の関門が
・記憶力こそ命、しかし一筋縄ではいかない現実
・無力さに茫然、初めての管制実習
・管制官デビューに必要な資格
・様々な性格、能力、経験が織りなす管制官の世界
・管制官に必要な英語力についての誤解
・管制官のバイブル黒本(管制方式基準)の恐ろしい一言
・私の志望動機と受験前後のこと
・SPECIAL PART
1フライトの交信を再現!
・羽田空港→関西空港
イレギュラーだらけのイカロス111便にようこそ。

 

【著者プロフィール】 

村山哲也

1983年生まれ。
2006年東京理科大学理学部卒業。
2007年国土交通省入省、航空保安大学校の研修を経て航空局空港事務所に配属。
航空管制官在職中、独学でホームページ制作技術を学び、2015年国土交通省退職。
海外でインターネット事業会社を設立・経営する傍ら、
航空管制と航空機オペレーションの情報を扱うブログを運営。
現在は、空港民営化に携わる仕事に就いている。
共著書のWEBマガジンに『自動運転の論点』(平凡社)がある。