トップエアライン/旅客機/空港航空一般/読み物/その他

New旅客機事故大全
 新刊 
旅客機事故大全
ISBNコード:978-4-8022-0298-5
刊行種別:書籍
発売日:2017年01月30日
サイズ:B5判
ページ数:310
定価:3500円(税込)
在庫状況: 

調査報告書は語る
わが国初の、民間旅客機(貨物機を含む)の事故と重大インシデントの解説集。

総監修・全面執筆 青木 謙知


●「助けてくれ、操縦不能だ!」
●「機長、左、左です、左に修正!」
●「ゴー・アラウンド! ゴー・アラウンド!」
●「機長! 下に向っています」
●「我々は何もかも失った・・」
●「なんとかしてくれ!」
●「失速!」
これらは、墜落寸前のコクピット・ボイス・レコーダーに残されたフライト・クルー達の悲痛な言葉を邦訳したものである。
旅客機の安全性は飛躍的に向上しつつあるが、21世紀に入った今も悲劇は絶えない。
事故と事故寸前のインシデントから、そこで何が起こったのかを検証してみる。

旅客機事故は、平均すると世界で2週間に1件も発生している。
この本は21世紀になってから発生した重大事故から、2015年以降に発生したその芽となる小事故、さらに国内の重大インシデントまでを網羅した記録・解説集である。
また、20世紀後半の特筆すべき旅客機事故も後半に解説しており、メディアや航空・運輸関係者向けの専門書としても役立つように編集されている。
わが国の航空事故評論のオーソリティー、青木謙知の総監修・全面執筆により、初めて出版可能となった労作であり、単に事故例を並べるだけでなく、旅客機事故についての現状、そしてこれからの課題についても解説している。 



 

(主な内容)

 

○「近年の旅客機事故の傾向、そしてこれからの課題は」
・SECTION 1
「世界の旅客機事故レポート」
2000年から2015年までに世界で発生した重大事故を、各国の事故調査報告書をもとにわかりやすくダイジェストしたレポート。筆者が選択した26件を掲載。
・SECTION 2
「日本国内重大インシデント・レポート」
2009年から2015年までに発生した日本国内の重大インシデントを、調査報告書をもとにわかりやすくダイジェストしたレポート。筆者が選択した16件を掲載。
・SECTION 3
「世界の旅客機事故リスト」
2010年から2016年6月末までに発生した世界の旅客機事故を、調査報告書をもとに簡潔にまとめたリスト。
・SECTION 4
「日本国内重大インシデント・リスト」
2010年から2016年6月末日までに発生した日本国内の重大インシデントを、調査報告書をもとに簡潔にまとめたリスト。
・SECTION 5
フラッシュ・バック
「世界の旅客機事故レポート」
20世紀の後半に発生した旅客機事故のなかで、筆者が執筆したもののうち特筆すべき事故7件をダイジェストして掲載。

 

CONTENTS

 

SECTION 1
世界の旅客機事故レポート
(2000-2015年・発生順)

 

小さなネジの破損が招いた、墜落に至る操縦不能
最初の進入に失敗、そして悲劇のゴー・アラウンドへ
離陸滑走中に異変、乗員も事態把握できず
エアバスA340、初の運航中の全損事故
運航乗員気絶のまま、2時間半の飛行の果てに
多数の巻き添え犠牲者を出したオーバーラン事故
離陸滑走路の間違いが大事故につながった
オートパイロットの不適切使用で操縦不能に
B777、初の全損事故の意外な原因
強風下、接地に失敗した大型貨物機
夜の大西洋上で何が起こったのか
離陸後まもなく墜落。疑われる乗員のコンディション
ゴー・アラウンドに失敗、混乱するコクピット
対地接近警報の意味を解せず、山に衝突
寝覚めの錯乱に襲われた? 深夜のコクピット
悪天候の進入、パニックに陥った機長
ハード・ランディングで機体大破も犠牲者なし
両エンジン停止、着陸を試みるも密集地に墜落
着陸後制動に失敗、築堤に激突
機長の技量不足が招いたゴー・アラウンド事故
原因不明の急降下、機長の意図的操作も疑われる
巡航中、突然のコントロール不能で墜落
小さな部品の不具合が操縦不能を招いた
機長が片発停止を双発停止にしてしまったのか
航空界を震撼させた乗員の巻き添え自殺

 

SECTION 2
日本国内重大インシデント・レポート
(2009-2015年・発生順)

 

思い込みが招いたゴー・アラウンド
他機進入中の滑走路を横断
瀬戸際で回避、平行する閉鎖滑走路への誤進入
降下中、比布岳山頂にきわどい異常接近
急患発生の着陸優先機、ゴー・アラウンド
悪天候下のゴー・アラウンド、予期せぬ降下
夜間の洋上でほぼ背面飛行に陥る
コミュニケーション不全が招いた滑走路誤進入
多発する大事故の芽、管制交信トラブル
離陸機と着陸機のきわどい交錯
ヘリと旅客機、滑走路上の鉢合わせ
夜の雪氷滑走路でオーバーラン
乗員の灯火認識ミスでオーバーラン
離陸を急ぐヘリが着陸機を妨げる
悪視界下、レーダー進入中に高度を大きく失う
滑走路上に車輛、副操縦士と機長の一瞬の連携

 

SECTION 3
世界の旅客機事故リスト

 

SECTION 4
日本国内重大インシデント・リスト

 

SECTION 5
フラッシュバック20世紀
世界の旅客機事故レポート