トップ鉄道関連(路面電車・バス)季刊蒸気機関車EX

New蒸気機関車EX Vol.29
 新刊 
蒸気機関車EX Vol.29
ISBNコード:978-4-8022-0356-2
刊行種別:ムック
発売日:2017年06月21日
サイズ:A4変型判
ページ数:156
定価:2376円(税込)
在庫状況: 

播但線を受け持つ車両基地として名をはせた和田山機関支区。勾配中にある生野隧道での蒸機乗務とはいかなるものだったのか、同支区OBに数々のエピソードを語っていただきました。また、現在の豊岡・和田山を取材、蒸機時代の残り香を探索します。さらに志布志機関区、高山機関区を取り上げ、担当線区でのエピソードを収録。こちらも必見です。 

CONTENTS

 

播但線、和田山機関支区OB対談
播但線を受け持つ車両基地として名をはせた和田山機関支区。
勾配中にある生野隧道での蒸機乗務とはいかなるものだったのか、
同支区OBに数々のエピソードを語っていただきました。
加えて現地を取材、蒸機時代の残り香を探索します。

 

鉄の馬と兵ども 高山機関区
いくつもの川に沿い、飛騨山地の山間を縫うように走る高山本線。
文字通り山岳路線は岐阜方をD51、富山方を9600形が貨物を牽き、旅客列車はC58がおもなる役目を担いました。
そんな高山本線の基地・高山機関区のOBに運転の極意をうかがいます。

 

志布志機関区OB座談会
九州の南端、大隅半島の根元には、志布志線・日南線・古江(大隅)線の輸送を担う蒸機たちの塒、志布志機関区がありました。
“門デフ”を装備したC58、C11 200お召機などの個性的な面々や、当時繰り広げられていた日常を機関士OBとともに振り返ります。


◇北辺の機関車たち
大木 茂・武田安敏・堀越庸夫

 

◇インタビュー 国鉄の流儀 和田山機関支区 OB対談
パシフィックの里、播但線

 

◇蒸機遺構を訪ねて
和田山機関支区・豊岡機関区 設備をみる

 

◇鉄の馬と兵ども〜蒸機乗務員回顧録10 高山本線 高山機関区
飛騨路の山間をゆく
椎橋俊之

 

◇九州南端のプレーリーたち
志布志機関区OB座談会

 

◇関西本線名阪準急登場のころ 第1回
戦後混乱期から復興への歩み
生地建三

 

◇北米 蒸気機関車漫談 第2回
「4-4-0」がなぜ「アメリカン」なのか?
松本謙一

 

◇履歴簿に見る機関車の一生
第29回 まもなく本線動態復帰!D51 200

 

◇梅小路運転区D51 200 本線復帰へ10
北陸本線にて試験走行実施
伊藤久巳

 

◇東武鉄道蒸機復活へ6
営業開始へカウントダウン

 

◇全国蒸機最新情報 News Steam!

 

◇全国蒸機列車運転日一覧

 

◇第17回 蒸気機関車、もうひとつの楽しみ方
初!!鬼怒川温泉にC11がやってきた記念?沿線の知られざる鉄なスポット案内
岡本憲之

 

◇エンスージアストのための知的情報空間
Steam Liner

 

◇第27回 見蒸必撮 あの熱き日
北海道の三つ目9600
伊藤久巳

 

◇第9回 蒸気機関車と私
クラウス17号のこと
宮澤孝一

 

◇諸河 久氏に訊く
形式写真とデジタルリマスター

 

折込表 諸河 久の形式写真館 第16回 C58 427
折込裏 志布志機関区構内配線図/志布志線 西都城〜志布志間 線路縦断面図