トップ鉄道関連(路面電車・バス)車両・列車ガイド/年鑑

電気機関車EX Vol.07
    
電気機関車EX Vol.07
ISBNコード:978-4-8022-0514-6
刊行種別:ムック
発売日:2018年04月23日
サイズ:A4変型判
ページ数:148
定価:2376円(税込)
在庫状況: 

EF58を語るうえで忘れられないできごとのひとつ、昭和59年2月ダイヤ改正。ゴハチの独擅場だった東海道・山陽本線の小荷物列車はEF62牽引となり、さまざまなドラマが生まれました。その顛末を再検証するほか、鹿児島機関区OB座談会を開催。交流電機ED76の運転現場に迫ります。 



CONTENTS

 

■特集 東海道・山陽荷物列車大転換劇
EF58を語るうえで忘れられないできごとのひとつ、1984(昭和59)年2月ダイヤ改正。
独擅場だった東海道・山陽本線の小荷物列車はEF62で置き換えられることになり、
姿を消すことになったEF58には3月末まで猶予が与えられました。
この間、予想だにしないドラマが誕生します。

 

■鹿児島機関区ED76機関士OB座談会
鹿児島本線は1970(昭和45)年に全線電化を迎え、鹿児島機関区にはED76が配置されました。
日豊本線電化により南九州をカバーするようになった赤い電機を鹿児島機関区の乗務員はどのように乗りこなしていたのでしょうか。
「はやぶさ」をはじめ、旅客・貨物それぞれの運転をうかがいます。

 

■探訪 私鉄電機 秩父鉄道
「探訪 私鉄電機」では、前回に引きつづき秩父鉄道の電気機関車を紹介します。
今回は電化当初から活躍する、米国ウエスチングハウス社と英国デッカー社の電機をクローズアップ。
現在も貨物列車の牽引機として電機が活躍している秩父鉄道。同路線の懐かしい時代のシーンをお楽しみください。

 

ED40 10とED16 1、国の重要文化財に指定
柴田東吾

 

ドキュメント EF58からEF62へ
東海道・山陽荷物列車大転換劇
伊藤久巳

 

EF62が沼津機関区へやってきた
伊藤久巳

 

2018年3月ダイヤ改正で定期運用消滅
稼働機は4両!EF200
田中真一

 

INTERVIEW国鉄の流儀 南九州の赤い電機
鹿児島機関区ED76機関士OB座談会

 

撮った乗った2日間「EL団臨大井・すまた号」
野村哲真

 

海外の名機を訪ねて
スイスの新性能電機群
真柳哲也

 

私と電気機関車 第7話
宮澤孝一

 

九州で生涯を終えた
希少形式ED74
松尾よしたか

 

甦るEF58 全172両(79〜91号機)
永井美智雄・伊藤久巳

 

探訪 私鉄電機 第7回
秩父鉄道 デキ1形ほか
諸河 久・西尾恵介

 

ある機関士の回想 電機編
第7回 ゴハチとロクゴの乗務(最終回)
川端新二

 

国鉄電気機関車史 第7回
三品勝暉

 

封印されたあの日、あの時
ED30と交流・直流機群
林 嶢

 

日本国有鉄道 電気機関車ニュース 昭和53年@ 第7回
太田正行