トップ鉄道関連(路面電車・バス)鉄道と歴史

New新聞社が見た鉄道 Vol.004
 新刊 
新聞社が見た鉄道 Vol.004
ISBNコード:978-4-8022-0438-5
刊行種別:ムック
発売日:2017年11月21日
サイズ:A4変
ページ数:48
定価:1200円(税込)
在庫状況: 

朝日新聞社でデジタルアーカイブ化された貴重な鉄道史料がいまここに蘇る!
シリーズVOL.4  昭和30年代、関西の鉄道

 朝日新聞のカメラマンが撮影した鉄道写真で、当時の情景を振り返る「新聞社が見た鉄道」の第4号。今回は、おもに昭和30年代の関西の鉄道を振り返ります。おりしも東海道本線の全線電化が完成し、また大阪環状線が開通するなど、関西地区では大きなうごきがありました。また民鉄に目を向けると、ズームカーやジェットカーといった、各社の技術力を開花させた新性能電車が多く登場した時代でもありました。
 この昭和30年代の関西の鉄道を、朝日新聞秘蔵の写真とともに、当時の新聞紙面をふんだんにつかい紐解いていきます。
監修:前里 孝  
 
 
     
 

CONTENTS

 

東海道本線全線電化
全線電化への記録
新装の特急“つばめ”“はと”
貨物輸送も増強・近代化
大阪駅
大阪環状線の建設と完成
交通科学館の建設
京阪神急行電鉄
阪神電気鉄道
南海電気鉄道