トップ鉄道関連(路面電車・バス)路面電車/バス

New路面電車EX Vol.12
 新刊 
路面電車EX Vol.12
ISBNコード:978-4-8022-0585-6
刊行種別:ムック
発売日:2018年10月19日
サイズ:B5
ページ数:124
定価:1836円(税込)
在庫状況: 

◎速報!
札幌に単車タイプの超低床車1100形が登場!

◎緊急現地報告!InnoTrans2018
世界でもっとも大規模で華やかな鉄道見本市として知られるInnoTrans。今年も9月に盛大に開催された。
そのなかから、今後のトラム事情を占う最新の情報をベルリンからお届けする。

◎【特集:札幌の路面電車100年】
今年で札幌の路面電車は100年を迎えた。先の地震でもいち早く運転を回復し、 市民の足として活躍した市電は、札幌になくてはならない大切な公共交通になっている。
そんな市電のあゆみと現状を、札幌市まちづくり政策局や交通局などのインタビューを交えながら多角的に紹介していく。

◎昭和の路面電車〜思い出すままに語る懐かしい鉄路の想い出
実際に乗って見て体験した記憶をベースに、昭和の路面電車を紐解く連載。今回は東急世田谷線を取り上げる。

・連載!旧き佳き路面電車のころ/富山インターアーバン
懐かしい路面電車の風景を振り返る連載。今回は富山市内から高岡にまで伸び、 インターアーバンと呼ぶにふさわしい運行を行っていた1960年代の富山地方鉄道を紹介する。

◎京阪京津線・浜大津の想い出
先に駅名が変更され話題になった浜大津の周辺は、本格的な鉄道車両が道路を走ることで知られるが、 1960年代には、江若鉄道や国鉄貨物線もあり、ファンには堪えられない聖地のひとつだった。そんな当時の様子を振り返る。

◎服部重敬の定点撮影で振り返る路面電車からLRTへの道程
過去と現在とを比べてみれば、今後たどるべき道筋も見えてくる。
海外LRTの識者が豊富な経験から欧州LRTの辿った道筋を紹介し、日本の路面電車・LRTが抱える問題を浮き彫りにするとともに、 将来あるべき姿をも予見する。今回はオーストリア・グムンデンのトラムを紹介する。

◎宇都宮浄人の海外LRT最新事情
業界屈指のオピニオンリーダー・宇都宮浄人が報告する海外LRTの最新レポート。
今回は大西洋に面するポルトガルのリスボンとポルト、そしてスペイン領のテネリフェのトラムを紹介する。

◎車庫訪問・富山地方鉄道・稲荷町工場&南富山車庫の巻
路面電車の車庫を訪ね、そこに働く方々の仕事ぶりを詳しく紹介する。
今回は富山地方鉄道を訪ね、稲荷町の工場と南富山の車庫を見学した。

ほか 



 

CONTENTS


・速報! 札幌に単車タイプの超低床車1100形が登場!
・緊急現地報告!InnoTrans2018
・特集/札幌の路面電車100年
・昭和の路面電車〜思い出すままに語る懐かしい鉄路の想い出
・京阪京津線・浜大津の想い出
・車庫訪問・富山地方鉄道・稲荷町工場&南富山車庫の巻
・路面電車の撮影は面白い!路線別徹底研究・とさでん交通
・全停留所乗り歩きマップ万葉線
・路面電車グラフィティ・とさでん交通200形
・デトロイトの路面電車を訪ねて
・海外LRT事情 大西洋のLRT
・定点撮影で振り返る路面電車からLRTへの道程 トラムいま・むかし/オーストリア・グムンデン
・旧き佳き路面電車のころ 第4回・富山インターアーバン
・高岡の鉄軌道ネットワークの将来像 北陸新幹線開業後のネットワークのあるべき姿を考える
・近未来のLRT 宇都宮LRT計画