トップ鉄道関連(路面電車・バス)鉄道の旅

路面電車年鑑2018
    
路面電車年鑑2018
ISBNコード:978-4-8022-0465-1
刊行種別:ムック
発売日:2018年01月18日
サイズ:B5判
ページ数:172
定価:1944円(税込)
在庫状況: 

現在、営業用車両として運用されている全形式・全車両のすべての写真を掲載!
路面電車・LRTの現状がリアルに分かる!

・アルナ車両の新車に見る新しいトラムの潮流!
 2017年はまったくの2タイプの新形式が登場したが、いずれもアルナ車両が手がけ、たんに新形式というだけではなく、従来にはない柔軟な発想で設計されているのが目を引いた。アルナ車両の提案が日本のトラムにどんな世界を切り拓いたかを詳細に解説する。

・食堂車トラムの時代?
 今年は貸し切りイベント用の車両が目に付いた年でもあった。従来の公共輸送の役割を果たしつつ、新たな路面電車の楽しみ方が増えているということだろう。こうしたイベント車両を紹介する。

・熊本5014が復活!
 今年も改造車やリニューアル車が多く出てきたが、なかでもファンの注目を集めたのが熊本市交通局の5014号車だろう。昭和な魅力が満載の元西鉄車を解説する。

・さよなら都電7000形
 荒川線の成立当初から都電を支えてきた7000形がついに全車引退となった。都電の顔でもあった7000形の終焉を追う。

・Welcome&Farewell
2017年の新車&廃車一覧

 2017年は鹿児島市交通局と伊予鉄道にまったくの新型車が投入され、大きな話題となった。その一方で、名車と呼ばれた多くの名優が去って行った。この1年に登場した新車と去りゆく車両を一覧で紹介する。

・国内路面電車プロファイル&現役営業車両総覧
 全国の路面電車・LRT事業者19と鉄道線ながら併用軌道が残る2事業者のプロファイルとともに、全形式・全車両722両を写真とデータで紹介する。現在の路面電車・LRVのすべてを詳細に網羅する。

・会社別乗車ガイダンス
 路面電車は地域性を反映する公共交通なので、意外と乗り方が分からない。ICカードへの対応も各社まちまちで一日乗車券の扱いにも個性がある。そこで乗車に必要な知識を事業者別にガイダンスする。詳細な路線図付き。 
 
 
     
 

CONTENTS

 

・アルナ車両の新車に見る新しいトラムの潮流!
・食堂車トラムの時代?
・熊本5014が復活!
・さよなら都電7000形
・Welcome&Farewell
2017年の新車&廃車一覧
・国内路面電車プロファイル&現役営業車両総覧
・会社別乗車ガイダンス