トップミリタリー関連(軍用機/戦車/艦船)季刊ミリタリー・クラシックス

MILITARY CLASSICS  Vol.55
    
MILITARY CLASSICS  Vol.55
ISBNコード: 
刊行種別:季刊
発売日:2016年10月21日
サイズ:AB判
ページ数:168
定価:1730円(税込)
在庫状況: 

巻頭では、日中戦争から太平洋戦争半ばまで日本陸軍重爆撃隊の主力として活躍した九七式重爆撃機と、その後継機の一〇〇式重爆「呑龍」を特集。開発の経緯、メカニズム、型式、戦闘記録などを紹介します。第二特集では、フィンランドとソ連の二度にわたる戦争で、フィンランド軍がかき集めて運用した種々雑多な戦車と、その戦歴を取り上げます! 

CONTENTS


●巻頭特集
戦空を奔る義烈の駿翼
九七式重爆と一〇〇式重爆「呑龍」

 

昭和10年(1935年)から開発が始まったキ21 後の九七式重爆撃機は、爆弾搭載量はやや少なく、航続距離は平均的だが、
同世代機より高速という双発機で、日本陸軍の爆撃機の主任務である敵航空戦力を敵基地で撃破する「航空撃滅戦」に最適の重爆となった。
ここにおいて日本陸軍の爆撃機は世界レベルに比肩するものとなり、九七式重爆は支那事変やノモンハン事件、
さらに太平洋戦争中盤まで陸軍重爆撃隊の主力として活躍した。
そして昭和12年からはその後継機であるキ49・後の一〇〇式重爆「呑龍」の開発が開始され、大戦中盤から実戦投入。
発動機の不調が相次ぎ、また守勢に回った戦局もあり、九七重ほど大きな活躍は見せられなかったが、終戦まで激闘を続けた。
巻頭特集では、日本陸軍重爆隊の主力として戦った九七式重爆と一〇〇式重爆を取り上げ、
開発の経緯、メカニズム、型式、戦闘記録、戦術など様々な観点から解説していく。

 

●第二特集
森と湖の戦場を駆けた鋼の狼たち
第二次大戦のフィンランド軍戦車

 

第二特集では、フィンランドとソ連の間で戦われた二度の戦争「冬戦争」と「継続戦争」において、
フィンランド軍が敵であるソ連軍から鹵獲する、またはドイツから輸入するなどしてかき集め、運用した多種多様な戦車を紹介。
さらに戦車部隊の運用・編制、戦車部隊の戦歴や戦車エースまで解説する。

 

【巻頭特集】
戦空を奔る義烈の駿翼
九七式重爆と一〇〇式重爆「呑龍」

 

九七式重爆/一〇〇式重爆 名シーンセレクション
・タムスク爆撃
・マレー攻略戦
・ダーウィン空襲
・義号作戦

 

これが九七重爆と義烈空挺隊だ!
九七式重爆/一〇〇式重爆実戦塗装図集
九七式重爆と一〇〇式重爆のメカニズム
日本陸軍の重爆開発史と九七式・一〇〇式重爆の開発経緯
九七式重爆・一〇〇式重爆 運用と部隊編制
九七式重爆/一〇〇式重爆 各型式解説
九七式重爆の戦術・戦法
双発の侍魂 九七式重爆・一〇〇式重爆の戦歴
陸軍重爆撃機の機長になってみよう!
まけた側の良兵器集
徹底比較! 九七式&一〇〇式重爆vs.他軍の双発爆撃機
ランダムアクセス

 

【第二特集】
森と湖の戦場を駆けた鋼の狼たち
第二次大戦のフィンランド軍戦車

 

フィンランド軍戦車の塗装とマーキング
フィンランド軍戦車隊 in the Beginning
フィンランド軍の戦車運用・部隊編制
フィンランド軍装備戦車カタログ
極北の砲炎機龍 フィンランド軍戦車の戦闘記録
フィンランド軍の戦車関連人物伝

 

【連載・特別企画】
ねいばるインスティテュート(最終回)
ワンフェスレポート
帝國軍人MMK
第二次大戦全戦史
クラシック軍装研究室
マンガ世界の艦船戦史
WWT兵器名鑑
Benvenuti!知られざるイタリア将兵録
奮闘の航跡 この一艦
陸海軍航空隊 蒼天録
ミリタリー人物列伝
世界の軍用銃 in WWU
栄光なき敗者の栄光
特殊作戦行動
歴史的兵器小解説
オルタナティブ・ワールド
MC放送局
読者のページ 最前線にて
読者プレゼント&アンケート
俺が考えた九七式/一〇〇式重爆とフィンランド戦車
次号予告