トップミリタリー関連(軍用機/戦車/艦船)ミリタリー一般/読み物/その他

New世界の航空戦力 アメリカ空軍
 新刊 
世界の航空戦力 アメリカ空軍
ISBNコード:978-4-8022-0421-7
刊行種別:ムック
発売日:2017年10月16日
サイズ:B5判
ページ数:162
定価:2000円(税込)
在庫状況: 

世界の『悪』と戦う、唯一にして最大最強の軍
その陣容と装備、進化の過程を1冊にまとめたムックが誕生!!

 アメリカの軍事戦略の柱となる戦略核戦力は、戦略爆撃機、大陸間弾道ミサイル(ICBM)、そして潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を3本柱にしており、そのうちの二つ、戦略爆撃機とICBMを保有しているのが空軍だ。そこには任務別に10個のメジャー・コマンド(軍団)が存在し、さらに全米各州に配置されている州兵航空隊(ANG)がある。
 第二次大戦後、アメリカ陸軍航空軍の航空部隊を段階的に統合して、1947年9月に誕生したのがアメリカ空軍である。
 その後70年の歴史を経て、いまや世界最大、最強の空軍となったアメリカ空軍の概要を、組織、実戦、装備、基地、歴史の5つのジャンルにわけて解説したのが本書である。
 発足70年、東西冷戦と冷戦後の地域紛争を経験し、現在もなおテロとの戦いを繰り広げながら進化を続けるアメリカ空軍とはどんな軍隊なのか。豊富な画像と資料を、わかりやすい解説とともに読み解いてゆく1冊だ。
青木謙知 著  



 
     
 
     

CONTENTS

 

アメリカ空軍と実戦
エルドラド・キャニオン作戦から対DAESH作戦まで。


アメリカ空軍の組織
10個のメジャー・コマンドとANGについて解説。
航空戦闘コマンド(ACC)/全地球打撃コマンド(AFGSC)/空軍特殊戦コマンド(AFSOC)/航空機動コマンド(AMC)/空軍宇宙コマンド(AFSPC)/空軍資材コマンド(AFMC)/航空教育・訓練コマンド(AETC)/太平洋航空軍(PACAF)/在欧米空軍-米空軍アフリカ(USAFE-AFAFRICA)/空軍予備役コマンド(AFRC)/州兵航空隊(ANG)


アメリカ空軍の装備機
爆撃機[B-2A、B-1B、B-52H]、戦闘機[F-15C/D、F-15E、F-16C/D、F-22、F-35A]、攻撃機[A-10C]、その他ガンシップ機、空中警戒機、輸送機、訓練機、無人機など現用機種60種と現在計画中の導入機種を解説。


アメリカ空軍の基地
全米および世界各国の主要アメリカ空軍基地74基地を解説。


アメリカ空軍の歴史
1947年9月、空軍誕生から創設70年の現代まで、アメリカ空軍の組織と装備の変遷を解説。