トップ消防・防災・レスキュー隔月刊Jレスキュー

Jレスキュー 2017年3月号 (Vol.86)
    
Jレスキュー 2017年3月号 (Vol.86)
ISBNコード: 
刊行種別:隔月刊
発売日:2017年02月10日
サイズ:A4変型判
ページ数:130
定価:1234円(税込)
在庫状況: 

第一特集は「糸魚川大火」。歴史に残る大火となった昨年末の大規模火災に対し、糸魚川市消防本部と消防団はどう戦ったのかを緊急取材。 第二特集は「できる隊長の『発想』と『行い』」。部下のやる気と才能を引き出し、チーム力を向上させるために消防長は何をやったのか?隊長らは隊員のどこを見ているのか?全国の名隊長の言葉は必読!さらに米国のリアルのライブファイヤー・トレーニング体験記、伊賀消防や吉川松伏消防のオリジナル救助技術など今号も盛り沢山の内容でお届けします。 

CONTENTS




特集1
速報 糸魚川大火
昨年末、糸魚川市で延焼面積約4万平方メートル、焼損棟数147棟の大規模火災が発生した。
歴史に残る大火に対し、消防はどう対応したのか。糸魚川市消防本部に緊急取材。

特集2
できる隊長の「発想」と「行い」
部下のやる気を引き出し、組織力を上げた渋川広域消防本部をはじめ、元東京消防庁警防部救助課長、
全国の名隊長に取材。各隊長が何を見て、隊員をどう育てようとしているのかを紹介する。

 

<Contents>
特集1 速報 糸魚川大火
ドキュメント糸魚川大火
特別寄稿 衝撃の大規模火災から見えてきたこと

 

特集2 できる隊長の「発想」と「行い」
組織を変えた男(渋川広域消防本部 消防長 青山省三)
「隊長は教育者たれ」(元東京消防庁 原 修)
隊長に聞く【私の流儀】
「『助けたい』という本能を最大限に引き出すのが私の仕事」(仙台市消防局 庄子文康)
「イメージ通りの活動を行い、隊員をケガなく戻す」(新潟市消防局 小野博文)
「自分の力で考えられる部下を育てる」(越谷市消防本部 八幡 勝)
「強くてかっこいい救助隊をつくる」(盛岡地区広域消防組合消防本部 吉田勝司)
大量採用時代の新人教育法 酒田消防の「プリセプター制度」

 

工夫次第でマンパワー不足は克服できる!
伊賀消式 救助活動法

 

超リアル火災対応トレーニング『ライブ-ファイヤー トレーニングキャンプ』体験記 前編

 

斜めブリッジ救助の進化系
吉川松伏式『一箇所吊り』斜めブリッジ

 

大阪市消防局考案
土砂埋没レスキュー【公掘】と【剛掘】

 

◎消防車両
全国新車速報
・化学消防ポンプ自動車大T型(新潟市消防局)
・消防ポンプ自動車CD-T型(吉川松伏消防組合消防本部)
・指揮車(木更津市消防本部)

 

◎連載
全国消防署FILE
再現! 救急活動報告
消防車両の基礎知識
新築物件大研究
【新連載】助けるには、除染を変えなさい
そうか! そうすればいいんだ
逆境に強い男になる! レジリエンス・マッスル養成講座
ヒーローの肖像
米国消防から何を学ぶか
クラシック消防車
オラぁどぅ元気だがや!
メカの謎解き
男のアロマ消防的活用術