トップ消防・防災・レスキュー&関連ムック&書籍

Newスイフトウォーターレスキュー 基本テクニック
 新刊 
スイフトウォーターレスキュー 基本テクニック
ISBNコード:978-4-8022-0563-4
刊行種別:ムック
発売日:2018年06月30日
サイズ:B5
ページ数:96
定価:1620円(税込)
在庫状況: 

スイフトウォーターレスキューとは流水救助のことである。流れのある河川での救助活動は、活動する隊員にとってもリスクを伴う危険な活動となる。
本書では、流水救助の基礎知識となる河川の形態特性、活動に必要な装備、救助での泳ぎ方、 スローロープの投げ方、ラフトボートやロープを活用した救助方法を写真と図でわかりやすく解説。
水害が頻発する昨今、救助に関わるすべての人に役立つ一冊だ!

著/竪村 浩一 



 
     
   
     

CONTENTS



【序章】減らない水難事故件数と水難活動中の死

 

【第1章】流水力学を知る/〜敵を知り、己を知れば百戦危うからず!〜
・流水力学とは
・河川の形態/ポジショニング、層流(ラミナーフロー)、フェリーアングル、ヘリカルフロー(らせん状の流れ)、流量の計算方法
・自然な河川の特性/一般的な川、エディとエディフェンスの違い、ホールとホワイトウォーター、ザ・ドラウニング・マシーン(溺者製造機)=えん堤(ローヘッドダム)、
/ストレーナー、シーブ、フットエントラップメント、ホワイトウォーターフローティングポジション、アンダーカットロック

 

【第2章】己を知る/PPEを備える
・己を知る
・環境を知って装備を整える
・PPEを備える/PFD(ライフジャケット)、ナイフ、ホイッスル、ヘルメット、ウエットスーツとドライスーツ、シューズ/グローブ、スローバッグ

 

【COLUMN】子供にPFD!/〜我が子の安全を守るのは親の義務〜

 

【第3章】流水救助におけるレスキュアーの基本の“キ”
・レスキュアーとしての心構え
・レスキュー活動には優先順位がある
・レスキューテクニックの基本は【スピード】【シンプル】【セーフティ】  
・レスキュー方法の選び方〜Low to High:低いリスクから高いリスクへ〜
・流水救助におけるゾーニング
・柔軟な考え方をする〜常に「もしも」を考える〜
・レスキューを完結するための4つのステップ
・現場の状況を正確に見極めるための【サイズアップ】
・レスキュアー求められる4つの条件
・レスキュアーの義務と責任

 

【第4章】テクニックを身に付ける<実践編>
・流水救助はチームレスキュー
・テクニック@川を泳ぐ/フェリーアングルを使う
・テクニックA川岸からの救助1:スローバッグを投げる/基本フォーム/二度投げ/1スローバッグ2人救助法
・テクニックBトゥスイム:泳いで救助する
・テクニックCライブベイト:トゥスイム→ロープ引き込み
・テクニックDゴー&スロー(Go & Throw)
・テクニックE浅瀬横断
・テクニックFテンションダイアゴナルライン
・テクニックGボートを使った救助/フリップからのリカバリー、パドルを使った搬送技
◎ボートの応用@レスキュープラットホーム
◎ボートの応用A2ポイントテザーシステム
◎ボートの応用B4ポイントテザーシステム
◎ボートの応用Cハイライン・ボート・チロリアン/フットエントラップメントからの救出

 

【第5章】スイフトウォーター・サバイバル〜水の中で窮地から脱出する方法〜
・スイフトウォーター・サバイバルとは
・生存能力を高めるための「サバイバルトライアングル」
・サバイバルの能力を高めるキーワード
・パニックの3パターン〜要救助者の立場になって考える〜

 

【第6章】資料編
・チームオーガナイズのためのICS
・ハンドシグナル
・ロープノット

 

・索引