トップ農業関連

New新 いまこそ農業
 新刊 
新 いまこそ農業
ISBNコード:978-4-8022-0409-5
刊行種別:ムック
発売日:2017年09月28日
サイズ:A4変型判
ページ数:128
定価:1620円(税込)
在庫状況: 

就農と農ライフのためのガイド
「農業に興味があるんだ」「農業にかかわる仕事がしたい」──最近、あたりまえのようにそう口にする人が増えています。多くが20代後半から30代の働き盛り世代です。
「農業は楽な仕事ではないけれど、特別大変なわけではない。大変さは他の職業と変わりません。そして、やっていて本当に面白い」と、他業種から農家に転職した30代半ばの男性が言います。
農家は職業のひとつ。どうせ仕事をするなら、外で体を動かせて、自分で決めて自分で責任のとれる仕事をしたくて農家を選んだ。最近の農業現場には、そういう若者が少なくないのです。

4年ぶりにリニューアルした新規就農ガイドブック『新 いまこそ農業』では、そういう30代前後の働き盛り世代が、農業に転職して幸せになる方法を集めました。
まずは、就農した先輩たちの仕事と暮らしぶりを通して「自分の農業」をイメージしてみてください。研修の様子・内容を比べて自分に合った学び方を考えたり、農産物を直販する方法を具体的に知る、などにも使えます。もちろん、就農に至るまでの道筋や、行政の支援策、活用の仕方なども詳しく解説しています。
これまで栽培経験ゼロでも、農家や農業大学校などで技術を学ぶ過程で、社会経験を積んだ人は効率的に♀wびます。そして独立就農後の、生産・調整・営業・流通・販売・アフターフォロー・プロモーションなど事業の一連の過程では、培った仕事のスキル、これまでの人脈があらゆる場面に活きてきます。働き盛りでの就農は、自分に合ってさえいれば、かなり面白く感じるものなのです。

サブ特集では、まだ農業に転職はできないけれど、都会に住みながら関心のある農業にかかわりたい、農に触れたいというニーズに応えました。
今や貸し農園サービスや農業イベントなどが百花繚乱、満員御礼状態。本書では「畑で遊ぶ」「自分の畑を持つ」「農業サポーターになる」「農園コミュニティを楽しむ」のテーマ別に、都会に住みながら農ライフ≠満喫するための情報を満載しています。同時に、そうしたサービス・イベントの「仕掛け人」も取材。今後「農業に就く」中に、こうした職種がどんどん増えてくることは確実でしょう。

新規就農の成功・失敗を左右するのは、結局、職業として好きか嫌いか、やっていて面白いかつまらないか。農家の仕事をニュートラルな視点で見て、体験して、自分の一生の職業として選んだ人は、幸せな職業人生を歩んでいます。
そして生活と仕事が密着した農業ならでは、ですが、家族や子ども、ときには高齢の親もいっしょに都会から里山へ移住することで、プライベートがかなり豊かになります。働き盛り世代は家族と過ごす時間が大きく増え、親世代もふたたび働く場を得て、すっかり健康を取り戻すケースもあるそうです。

一時のブームは過ぎ、給付金が充実した現在、新規就農して成功する人・失敗する人の明暗がハッキリ分かれるようになりました。就農のきっかけは何でもいい、大事なのは職業としての面白味を見出せるかどうかと、「自分に合った」タイプの就農をすること。そのための情報源のひとつとして、本書をご活用ください。 



 
     
 

 

CONTENTS

 

◆「自分の農業」をイメージする
イメージをつかむための6つの「就農STYLE」
              人気の就農地で仲間と協力 オーガニック就農
              東京近郊のメリット、多品目栽培&直売農家に
              夏はトマト農家、冬はスノーボーダー
              80歳まで働ける放牧酪農家をめざして
              大規模なFC型で有機農業をビジネスにする
              親方に弟子入りして、一からなる果樹園主

 

◆農業を どこで学ぶ? 農業に どこで就く? 農産物を 誰に売る?
              どこで学ぶ?         農業大学校へ行ってみた
              どこで学ぶ?         地域の農家で研修する
              どこで学ぶ?         農業の学校・私塾、研修の場いろいろ
              どこで就く?          就農を相談する
              どこで就く?          大都市近郊・7府県の新規就農支援策
              どこで就く?          地域おこし協力隊制度を活用する
              どこで就く?          「農の移住」を考える
              誰に売る?           新規就農で野菜を直販するルートいろいろ
              誰に売る?           新規就農者がつくった販売組織

 

◆今から始められる あこがれ農ライフ
1. 「農」の遊び方
              畑へ遊びに行くプログラム
◎パックツアー感覚で味わう「農家の暮らし」     TABICA(タビカ)
◎連続性のある農体験≠提供する教育サービス       Gifte!(ギフテ)
◎野菜を作って食べて遊べる農園      アグリパーク伊勢原
◎農の楽しみ、生産から加工、販売の現場も体験できる  伊賀の里モクモク手づくりファーム
              「自分の畑」をはじめよう!
◎超初心者にもうれしい手厚い栽培サポート     シェア畑
◎「自産自消」が当たり前の社会をつくる           体験農園 マイファーム
              農業サポーターになる!
◎広域援農ボランティア/果樹園の農作業ボランティア/くにたち・梨園ボランティア/快汗!猫の手援農隊
              コミュニティが生まれる農園
◎農業×公園、民間企業とNPOでつくるコミュニティ        世田谷区立 喜多見農業公園
◎生ゴミ≠ェつなぐ農園コミュニティ せせらぎ農園
◎都市の農地を遊びつくす農園地             くにたち はたけんぼ

2. 「農」を仕事にする
◎農園のアドバイザー
◎新しい「農業×デザイン」

 

  • 農イベント請負人

◆ニッポンの農業と新規就農
              ニッポンの農業はいま
              日本のおもな野菜の収穫量と主産地
              日本のおもな果物の収穫量と生産地
              有機農業・自然栽培で就農する!
              有機農業で就農するための流れ/全国の有機農業相談窓口
              農家になるために必要なこと

 

◆就農INFORMATION    
              移住して就農する! 夢の実践プランSTEP
              新規就農 情報収集と相談窓口
              新規就農者のための支援制度
              農業関係の基礎用語
              全国農業大学校リスト