トップ農業関連

New農業ビジネスマガジン VOL.19
 新刊 
農業ビジネスマガジン VOL.19
ISBNコード:978-4-8022-0425-5
刊行種別:ムック
発売日:2017年10月23日
サイズ:A4変型判
ページ数:108
定価:1620円(税込)
在庫状況: 

農業にICT機器が着実に浸透しつつあります。栽培ハウス、畑や田んぼのセンサー、スマホやタブレットをタップしてから農作業、という光景も珍しくなくなりました。しかし、本当に自分に役立つ使い方をしている? そもそもデータをどう活用すればいい?──そんな悩みに応えて、今号は農業ICTのデータ活用、役立つ使い方にフォーカスしました。 

CONTENTS

特集/生産者のための
農業ICT&精密農業

 

土壌から宇宙(GPS)まで、あらゆるところからデータを取得すれば、
作物の栽培や農業経営は格段に効率化する──それが農業ICTや精密農業のイメージだろう。
だが、農業ICTがそれほど単純な話でないことは、使ったことのある人ならわかるはずだ。
データをどう処理して、何に着目し、どう改善につなげるか?がいちばん難しい。
今号では、ICT技術やデータを「農業のどこに・どう使ったか/使えるか」にフォーカス。
自分に合った農業ICTを突き詰め、作り込む参考にしてほしい。

 

そろそろ、農業ICT
使いこなすためのゼロからレクチャー
堀 明人 潟gゥモローズ代表
○着実に浸透しつつある農業ICT
○ICTは「農具」どのように選ぶべきか?
○目的別 農業ICTの選びかた

 

10歩進んだ農業ICTリーダー 北海道に学べ
○コストを1割下げ、ダイズに高付加価値を付けた北の仕事人集団
潟Cソップアグリシステム(北見市)
○5〜10%の効率アップをもたらす農機用カーナビゲーション
株_業情報設計社(帯広市)
○データ集積がもたらす酪農地帯の経営革命
泣Eエストベース(別海町)
お手軽!土壌水分センサー&クラウド
精密農業を手助けする「植物医師」のプロ度
震災を契機に大転換 宮城県の農業ICT
誌上ゼミナール 大規模施設栽培のICT農業
ほか


買ってみた、料理してみた新顔野菜
NEW野菜のトリセツ

 

生産者と飲食店をつなぐ新プラットフォーム
直販&物流システム「SEND」とは?


TREND=ビジネス街、東京・大手町に牧場が誕生/植物工場産野菜オンリーのアンテナショップ/
今年の防寒・防水 秋冬物防作業ウェア/おにぎりアクション2017
〈シリーズ〉「農を変えるアウトサイダー」
大都会に「農業」をよみがえらせた伝統野菜の復活ストーリー
〈連載〉
◎農と食の人 杉山雅則(満寿屋商店 代表)
◎農Bizニュース解説
「カモネギになってみようじゃないか 学者とのコラボ視野に」
婚カツエッセイ 農業男子は優良物件。/ほんとうに強い農業をつくる/
新しい農と地域を組み立てる/ツールで最強PR指南/俺はベンチャー農家だ