トップ農業関連

New農業ビジネス ベジ(veggie) Vol.23
 新刊 
農業ビジネス ベジ(veggie) Vol.23
ISBNコード:978-4-8022-0587-0
刊行種別:ムック
発売日:2018年10月23日
サイズ:A4変型判
ページ数:116
定価:1620円(税込)
在庫状況: 

「農業ビジネスマガジン」から「農業ビジネスベジ」にリニューアル後、2号目となる今回の特集は「儲かるブルーベリー」。ブルーベリー栽培の中でも、観光農園の形態に注目し、カリスマ農園主の稼ぐコツや品種の紹介、成功事例などを紹介。また、「農」で盛り上げている地域のレポートや、最近人気のフリマアプリの活用法なども掲載。ぜひご覧ください。 



 
     
 
     
   

CONTENTS





『農業ビジネスマガジン』は『農業ビジネス ベジ』に誌名を変更し、リニュ?アルしました。
利益がでる農業ビジネスのために役立つ情報、ヒントとなる情報を拡充します。


【特集1】儲かるブルーベリー大研究
ブルーベリーの人気は急上昇中。栽培が容易なことから、栽培面積もどんどん広がっている。
ブルーベリーの特徴は、観光農園という形態が多いということ。
観光農園をするために必要な知識、カリスマ農園主のノウハウ公開、各地の成功事例を紹介する。
*ブルーベリーは品種の選択が大事!
*60日で年収2000万円! ブルーベリー農園で儲ける方法
*練馬区の夏をブルーベリーの夏にする!

 

【特集2】地域力で農をパワーアップ
成功への戦略は農業から始まる
国の政策に過剰に振りまわされることなく、農を軸にまったく新しい産業や事業を創出している地域がある。
農産物の地域商社の枠を超え、人と人とを出会わせ起業の種を播く「こゆ財団」。
衰退した農業に新たな局面からアプローチし、新しい産業を生み出す「山鹿プロジェクト」を紹介。

 

【特集3】ネット販売より、ぜんぜん簡単
野菜を売るにはスマホが便利 フリマアプリを使いこなす
自分たちでホームページやオンラインショップを作り、ネットを通じて生産物を直販する生産者も多い。
最近はホームページより手軽に「フリマアプリ」で野菜を売るケースも増えている。

 

<巻頭企画>
◎インタビュー
・若手ベンチャーの挑戦/小玉りんごで勝負する若き社長の戦略と自信
・飲食店向け青果卸の新たな挑戦/青山の一等地でスペースわずか8坪<八百屋&レストラン>の新業態

 

<PICK UP>
・新作物でニュービジネス 平均年齢28歳の農業法人は国産バナナに賭ける
・さらに広がる!ソーラーシェアリングの可能性
・新たなビジネス・チャンス 国産トリュフ栽培の可能性
・もっと使える野菜の収獲機
・ジャガイモそうか病防除のための有機物活用研究

 

★そのほか、農機情報を含め情報ページ・連載企画も充実