トップ検索結果

 
ニッポンの観覧車
    
ニッポンの観覧車
表紙写真をクリックすると見開き写真に切り替わります。
ISBNコード:978-4-86320-215-3
刊行種別:ムック
発売日:2009年08月
サイズ:B5変型判
ページ数:100
定価:1728円(税込)
在庫状況:品切
◎遊園地のいちアトラクションから、街のランドマークへ◎
 日本に初めて観覧車ができたのは1906(明治39)年。それ以来「遊園地の女王」と呼ばれ、欠かせないアトラクションとして、多くの人を楽しませてきた観覧車。その観覧車がいまスゴいことになってきている。「世界最大」の観覧車を国内で競い合うように作ったり、ビルと一体化することによって繁華街に大観覧車を出現させたりと、いちアトラクションから街のランドマークとなるような存在へと変貌しているといっても過言ではない。
一方、地方都市の小さな公園では、小さくてクラシカルな観覧車がいまだにがんばっている。このように、日本にはさまざまな魅力にあふれる観覧車がたくさん存在している。本書は、全国に約150基ある観覧車の中から、思わず乗りに行きたくなってしまうような20基をピックアップし、詳細な解説と美麗な写真であますことなく紹介。
さらに、思わず「へぇ〜」と唸ってしまうような面白い観覧車の豆知識と、全国すべての観覧車の所在地・高さ・直径がわかるデータも収録。観覧車好き・遊園地好きはもちろん、巨大建造物に興味のある人や観覧車のある街に住んでいる人まで、ぜひ手元に置いておきたい「観覧車大図鑑」だ!