トップ検索結果

湾岸戦争大戦車戦(上)
    
湾岸戦争大戦車戦(上)
表紙写真をクリックすると見開き写真に切り替わります。
ISBNコード:978-4-86320-416-4
刊行種別:書籍
発売日:2011年07月12日
サイズ:A5判
ページ数:370
定価:2571円(税込)
在庫状況: 
「諸君に欲するのは、共和国親衛隊の殱滅のみ!」
――ノーマン・シュワルツコフ中央軍総司令官
二十年後の真実。いまだ全貌が知られざる、湾岸戦争の陸戦にスポットをあてた本格戦史!

原油価格をめぐる摩擦をきっかけに隣国クウェートへ侵攻した中東の雄イラクに対し、アメリカを中心とする多国籍軍(兵力約50万)は、イラク・サウジアラビア国境沿いに進駐する。緊迫の度合いが深まるなかの1991年1月17日、多国籍軍は「砂漠の嵐」作戦を発動、ここに湾岸戦争が勃発した。
本書は、ペルシア湾岸の砂漠を舞台に史上空前のスケールで繰り広げられた大戦車戦の全貌を、多国籍軍の公刊資料、中央軍総司令官ノーマン・シュワルツコフら関係者が著した膨大な数の文献を紐解くことで明らかにする。両軍合わせて7,000両の戦車が激突する死闘を制するのは、“無敵戦車”M1A1を擁する多国籍軍か、“バビロンの獅子”T-72を放つイラク軍か。知られざる湾岸戦争の陸戦にスポットをあてた異色の戦史が登場!

著者/河津幸英