トップミリタリー関連(軍用機/戦車/艦船)ミリタリー選書

ミリタリー選書38 各国陸軍の教範を読む
    
ミリタリー選書38 各国陸軍の教範を読む
ISBNコード:978-4-8022-0063-9
刊行種別:書籍
発売日:2015年09月10日
サイズ:A5判
ページ数:358
定価:2800円(税込)
在庫状況: 

教範とは、各国の軍隊が編纂する教科書・マニュアルのようなもので、各国の軍事行動のドクトリン(基本的な思想・原則)が反映されている。したがってこの教範を読めば、その軍隊の戦術教義を理解することができるのである。
 本書では、第二次大戦までに編纂されたドイツ、フランス、ソ連、日本の各陸軍の、師団から軍レベルの運用に関する教範を平易に読み解き、行軍、捜索、攻撃、防御などそれぞれの局面で、各国軍がどのような戦術に基づいて戦おうとしていたのかを探っていく。各国軍の戦術の基本となった「教範」から第二次世界大戦の陸戦を研究する一冊である。理解を助ける図版・図表など40点以上を収録。
著者 田村尚也 

CONTENTS

序章 各国教範の成立の背景

 

第一章 用兵思想の根幹

 

第二章 行軍
フランス軍の行軍
ドイツ軍の行軍
ソ連軍の行軍
日本軍の行軍

 

第三章 捜索
フランス軍の捜索
ドイツ軍の捜索
ソ連軍の捜索
日本軍の捜索

 

第四章    攻撃
ドイツ軍の攻撃
フランス軍の攻撃
ソ連軍の攻撃
日本軍の攻撃

 

第五章    防御
ドイツ軍の防御
フランス軍の防御
ソ連軍の防御
日本軍の防御

 

最終章    各教範の評価